新着情報 労働基準協会からのお知らせ

10月の新着情報


20211012

【本部】10月10日の「転倒予防の日」を契機に職場環境の見直しを!

 このたび厚生労働省と消費者庁は、日本転倒予防医学協会と協力して、日本転倒予防医学協会が主唱する10月10日「転倒予防の日」を契機に、国民に対する転倒予防の呼びかけを行うこととしました。

■ 最近の労働災害の状況は、職場での転倒災害が最も多い事故の型です。
 近年増加傾向にあり、今年も前年同月比で約2割増(令和3年9月速報値)と大きく増加しています。


■ 転倒災害の約6割が休業1か月以上です。特に50歳代以上の女性で多く発生しています。
 転倒災害を予防することは、女性や高齢者が活躍できる社会の実現や生産性向上などの観点からも、大変重要な課題です。


□ 厚生労働省および消費者庁広報資料を活用し、職場での転倒予防の取組を実施しましょう!
 (厚生労働省報道発表資料より、さまざまな広報資料をご活用いただけます。)


〈厚生労働省報道発表資料〉
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_21393.html